モンスターカレンダー

« 2013年8月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013年8月アーカイブ

ドライオーガズムを達成する方法

ドライオーガズムは男性が射精をしないで絶頂を迎えることであり、
とてつもない快感があじわえる方法となっており、
男性であれば是非一度は体験してみたいものとして有名です。

達成方法はさまざまな方法がありますが、
やはりたくさんの快感を味わうことが重要なものとなっています。

まず身体をリラックスした状態にすることが重要です。
リラックスした状態で自分や女性が感じるさまざまな場所を刺激していきます。
女性が感じる場所として有名な乳首を男性が刺激することも
とても効果的なものとなっています。


そして身体が敏感な状態になってきたらペニスの刺激をしたり、
いつもよりも激しい自慰を行うことで達成につながります。


男性の場合、ドライオーガズムを達成する際には
自分の新たな性感帯を開発することがとても大きく影響します。
またアナルバイブなどでアナルの開発もとても効果的です。


女性と行為をする時を想像したり、そのときのようなムード作りもとても重要です。
ご自分で性欲を高めるアロマをたいてみることもとても有効な方法です。

男性でも潮吹きができる方法とは

女性が性的な絶頂期を迎えると、潮吹きを起こすことがあります。

尿の様に勢い良く出ますが、しかし、量は決して多くはありません。

この潮吹きと同じことを、男性でも行えます。

男性の前立腺の下に尿道球腺という器官があり、その中にアルカリ性の液体が入っているのですが、性的な興奮が高まるとその液体が尿道へと流れ出すのです。

通常弱酸性である尿道を中和させることによって、その後に流れる精子を保護する役割があります。

ねっとりとした透明のものであり、その後に出される精液と比較すると僅かな量です。

所謂我慢汁ですが、この液体が潮吹きの潮になります。

ネットでは動画としてその様子が流されているのですが、出している液体には勢いがあります。

射精前の我慢汁のような、垂れるといったものではありません。

それほど、興奮が強いのです。

これは、前立腺を刺激することによって、射精を伴わずに興奮させた結果であり、風俗のM性感と呼ばれる性的サービスで刺激することによってできる可能性が高まります。

前立腺刺激は、潮を吹くほど、快感が強いのです。

スローセックスとはパートナーと義務的に行うセックスや短時間で男性が射精するために行うセックスとは異なり、お互いに気持ちを高ぶらせながらゆっくりと愛を確かめ合うセックスの形をいいます。

いきなり強い刺激を与えるのではなく、ゆっくりと柔らかに愛撫しながら、緊張を解き放ちリラックスしながら行っていくものです。

男性も女性も相手が強く感じるほど気持ちのいいセックスと思うようですが、実際はゆっくりと優しく触れながら愛撫していくほうが、脳から感じることができ興奮や期待がどんどん膨らんで、気持ちの良いセックスができるのです。

そのためにポイントとなるのがサラサラのパウダーを使ったパウダーマッサージです。

首筋から足の指先まで全身をくまなく、丁寧にゆっくりと触れるか触れないくらいの優しいフェザータッチでマッサージしていきます。

最初は少しくすぐったいような感覚を覚えますが、これにより緊張感がなくなり、非常にリラックスして相手に身を任せる安心感が出てきます。

その後、徐々に性感帯を強く刺激していくと、いつもより一層感じることができ、興奮と快感に満ちたセックスを堪能できるのです。

え?男性も潮吹きってするの?

女性の潮吹きって魅力的だとは思いませんか?基本的にやり方としては、Gスポットを徹底的に攻めたてることと、女性がリラックスした状態がうまく合わさった時に行う現象らしいのですが、これは愛液とおしっこがまじりあったものらしいのです。

つまり最高の快楽と放出感を味わえるということなのでしょう。

それでは男性には潮吹きってあるのでしょうか?実は男性でもするようで、原理は女性と同じようです。

つまりは、男の感じる部分である亀頭をうまく抑えてすりまくって、そのうえでお尻や、あなたの感じる部分を責めたてるわけです。

それと同時に尿意を催した時に一斉に潮吹きが起こるというのです。

人から聞いた話ですが、その快楽は通常のセックスの何倍になるらしくて、虜になる人が多数というのです。

こうしたことをやってくれるお店は限られていますが、調べてみたらヒットします。

ですから、是非とも興味のある人は検索して見つけてほしいと思います。